インスタグラムで情報発信をして2ヶ月でフォロワーを増やした体験談

インスタグラムで情報発信をして2ヶ月でフォロワーを増やした体験談 Instagramの失敗談

私は、男性で28歳でフリーライターをしています。

記事のネタになるようなことを、日常を見て探していたりするので綺麗な景色やモノをスマホにおさめてインスタグラムでアップ投稿するようにしています。

時代は情報発信と気付いた。Instagramで挑戦だ!

今年の、8月から情報を自分から発信する時代だということに遅かれながら気づきインスタ投稿することをはじめました。

3日に一回は更新をしていて、自分のインスタのテーマは、美と健康をテーマにしているのでスポーツジムで体を動かすことや料理を自分で作ることが好きなので低カロリーなメニューを写真に収めたりしたり、そのほかには、旅行先で取った写真や野球が好きなのでスポーツの素晴らしさを映像や写真に残しアップするようにしています。

オシャレなカフェなどで仕事をすることもあるので、そこで食べた物など人の役に立つような情報と写真をインスタに載せるように心がけています。

インスタグラムは自慢すると嫌われる傾向…フォロワーが集まらない

インスタは、世界の人々に良いものを伝えるのがコンセプトなのであって、自分はこんなすごいものを食べてたりしてるんだぞといかにも自慢口調な人のインスタに関してはフォローが集まりにくい傾向にあります。

自分の趣味と、共感できたり肌が合うなと思った時にはじめてフォローされる物なので意味をはき違えたらいけないと思います。

ほかのSNS(フェイスブック・ツイッター)と違い、シェアだったりリツイートという機能がないので閉塞的な空間でフォロワーを増やすというのは大変なことだと思います。

インスタグラムでフォロワーを増やすのは、ハッシュタグと・・・

では、インスタグラムでは、どうやってフォロワーや見てほしい人を増やすのか?

それは、#ハッシュタグと言われる物を使って、自分と同じ物に興味を持っている共感者を探すことによってフォロワーや見てもらう回数を増やすのです。そうすることによって、自分のインスタグラムを見てくれる人が増えていきフォロワー獲得につながるのです。

または、自分からいいなと思った人にコメントをしたり、いいねをすることでつながることだってできます。

何にでもいえることですが、アクションを自分で起こすことによってフォロワーは自然と増えていきます。人気者になろうと思うなら、目立つことが大事です。自分はどんなことを考えていて、何に興味があって世界に何を発信したいかをしっかり方向性を決めてテーマを絞ることが大事です。

よく、芸能人のように自分の私生活のありのままを公開している人がいますがそれではフォロワーは増えません。

自己満でインスタグラムを終わらせないこと

最後に、私は今まで書いたことを実践した結果フォロワーが初めて2カ月で倍の数になりました。ですので、自己満で終わるのではなく世界の人に情報を伝えたいと思うなら今あげたことを実践してみるといいと思います。

  • 次のインスタグラム失敗談

インスタグラムでいいね!がたくさん欲しかったあの頃・・・

タイトルとURLをコピーしました