いいねが欲しくて自分を盛るインスタグラム…疲れるからもっと気楽に

いいねが欲しくて自分を盛るインスタグラム…疲れるからもっと気楽に Instagramの失敗談

私は28歳の男性です。

3年ほど前からインスタグラムを始め今も利用していますが、見る方が多くなりました。投稿するのは、気が向いた時にという感じです。最初は1週間に2、3記事は投稿していましたが、最近は一か月に一回あるかないかのインスタライフです。

投稿内容は特に決まっていませんが、旅行先の写真や食べ物が多いですが、読んでおもしろかった本をアップしたり、日常の風景なども投稿していました。

インスタグラムが人気の理由が分かった!文章を考えなくて良いからでしょ

最初はインスタに半信半疑でしたね。こんなのがなんで人気なんだと思っていたのです。写真ならツイッターでも投稿できるじゃないかと。

インスタが人気の理由はすぐに分かりました。インスタは写真でコミュニケーションをとることができるので、文章を考えなくても良いのです。そのため手軽に利用できます。

いいねの嬉しさからインスタグラムにハマっていたが最近は…

私も写真を撮影するのは好きで、他の人に見てもらいたい気持ちがありました。いいねがつくと、とても嬉しく感じたのです。身内だけではなくて、知らない人からいいねをされる場合もあります。

なるべくたくさんの人にインスタ投稿を見てもらえるように、ハッシュタグにもこだわったりしました。軽い依存状態にあったかもしれませんね。いつの間にか、インスタにはまっていました。

周りにもインスタにはまっている人は多くいました。子供の写真をアップしたり、旅行先の写真をアップする人が多く見られました。どこの飲食店に行ったいうのも多かったですね。それらを見るのも楽しみでありました。

とても満喫していたのですが、最近はインスタを更新する頻度も落ち着いてきました。更新を頑張りすぎると、精神的な疲れを感じるようになったからです。いいねをもらえると嬉しいのですが、少ないと何でだと少し悩むことになります。

思い返すと…インスタグラムの為に出かけて写真を撮りに行ってたな

いつの間にか、インスタにアップする写真を撮影するために出かけるようにもなりました。

注目されるために、少し盛ってしまうこともあります。冷静に考えるとそこまでしなくてもと思いました。もっと気軽に利用して楽しむものだろと感じました。

他人の必死な投稿を見ていて、ふとそう感じたのです。自分も同じことをしていると。

インスタグラムで疲れた方は、気軽に楽しく利用しよう

そのため、最近は思い立ったときに投稿するようになりました。精神衛生上はその方が良さそうです。楽しむためのツールで疲れてしまってはいけません。うまく使えば楽しいツールなのは間違いありません。なので、もっと気軽に利用すれば良いのです。

これからインスタを始める方も、気軽に利用した方が良いかと思います。楽しむ気持ちを大事にしたいですね。

  • 次のインスタグラム失敗談

インスタグラムは顔を隠したほうがいい!写真を使いたい人が結構いる

タイトルとURLをコピーしました