インスタグラム自撮りで詐欺レベルの画像をアップしたらバレた・・・

インスタグラム自撮りで詐欺レベルの画像をアップしたらバレた・・・ Instagramの失敗談

私は現在27歳の男性で、インスタグラムは25歳の時から始めました。

最初はインスタの使い方や楽しさがわからず、ただツイッターに写真を載せただけのように使用し、その頻度も週に一回から二回程度でした。

しかし使い方に慣れてくると写真をアップすることが楽しくなり、一時期は毎日のようにアップ。

朝の僕、夜の僕…モデルになりきり詐欺写真をインスタグラムで投稿していた

内容も自分のイケメンな角度を探してアップしたり、モデル風におしゃれをした姿や少しメイクをして仕上がりを浴した画像など、加工はしませんでしたが、詐欺レベルのものをたくさんアップしていました。

「朝の僕、昼の僕、夜の僕、風呂あがるの僕」のように一日の中の自分の変化をアップすることもありました。いろんな方からコメントが寄せられ、「かっこいい・惚れる・イケメン」と言われることも。

今までそんな風に言われたことがなかったため、もっと言われたいとどんどんアップしてしまいました。

朝の僕、夜の僕…インスタグラムのアカウントが友達にバレた

しかし、そんなことを繰り返すうちに知り合いにばれてしまい、知り合いの大奥に恥をさらすことになりました。

インスタを使い始めたころは身バレを恐れて慎重にフォロワーを選んでいたのですが、しかしフォロワーを増やすことに頑張る時期もあり、申請はすべて承認していましたね。

そして26歳を迎えた時、お互いに気づかないうちに私の友人からの申請をフォローしてしまっていました。友人は画像の主が私であることを知らなかったようです。

しかし自宅で画像を取ることもあり、背景から私であることを突き詰められてしまった。

13人の飲み会で、朝の僕…インスタグラムアカウントをみんなにバラされた

友人は性格が悪く、気づいた後も何も言わずに私を泳がせ、画像の殆どを保存していました。

そして友人と私含め13人ほどで飲み会をしたとき、「最近インスタではまっている人がいると言われ、携帯を一人一人に回して見せていきました。当然私は最後になり、画面を見た時に吐くほどの衝撃を受けました。

またこの飲み会には友人の仕込みもあり、だれも私だと気づかなければその人が「これって〇(私)?」と言うようになっていたようです。残念ながらその仕込みは必要なく、すぐにばれて飲み会は以降ずっと爆笑に包まれていました。

私としては死にたくなるほど恥ずかしくなりました。普段の私は168㎝と中肉中背・ヘアセットもおしゃれもせず、もっさりした雰囲気でした。

しかし写真の私はモデル風のイケメン(松坂桃李を意識。身長はシークレットシューズでごまかしていた)を気取っており、「このポーズやって・詐欺じゃん・比較させて」など笑いのネタにされました。

弱みを友達に握られ、今でもインスタグラムでブロックする事すら出来ない…

すぐに友人をブロックしようとも思いましたが、ブロックしたら画像をばらまくと言われ泣く泣くフォローしています。それでも親友と呼べるほど仲が良いですが、これから先も弱みを握られ続けていると思うと航海しかありません。

今もインスタは利用していますが一時期ほどのものはアップせず、比較的落ち着いたものをアップしています。幸いその飲み会に参加した友人の内輪ネタにしてもらっていますが、会うたびに笑われます。

バレた時に後悔しないようにインスタグラムライフを楽しもう

もしインスタで過度な画像をアップしている人はばれた時に後悔しないように覚悟しておくほうが良いです。またばれない努力とばれた時の対応も準備しておくほうがよいでしょう。

  • 次のインスタグラム失敗談

私を見下していたママ友とさようなら!インスタグラムで圧勝したよ

タイトルとURLをコピーしました