インスタグラムを始めてから…嬉しい思わぬ繋がりができた!

インスタグラムを始めてから…嬉しい思わぬ繋がりができた! Instagramの失敗談

女性、34歳の専業主婦です。

私がインスタグラムを始めたのは、2017年9月頃。現在も利用しています。利用期間は1年程になります。

始めた当初は、撮り溜めしていた写真がたくさんあったのでインスタグラムでは毎日投稿していましたが、今は写真を撮る機会が減ってしまったので、1ケ月に1回ほどのインスタグラム投稿頻度となっています。

インスタグラムの写真を売ってました

私が主に投稿している写真は、Snapmartというスマートフォンなどで撮った写真を購入、販売できるサービスに出品しているもので、自分の子どもの写真や風景、愛猫の写真など様々です。

憧れの人達と繋がることが出来たインスタグラム

こんな私がインスタグラムを始めて一番嬉しかったことは、好きなバンドと繋がりのあるミュージシャンと相互フォローになれたこと。

Snapmartの為だけでなく、実は好きなバンドメンバーのインスタグラムにいいねをしたり、子育て中ということもあり、なかなかライブに行けないので、せめて応援の言葉や自分の気持ちをコメント欄に書き込みたくて始めたインスタグラム。

続けているうちにおのずとバンドメンバーの交友関係がわかってきて、繋がりのある写真家さんやデザイナーさん、ミュージシャンの投稿にもいいねやコメントをするようにもなりました。

これが私の楽しみになっていました。特に返信をしてもらえるわけではないし、ただの自己満足と言われれば確かにそうなのですが、私にとってはこういった楽しみが日々溜まっていく鬱憤の消化になっていて、毎日前向きに生活できる源になっているのです。

突然のコメントと共にフォロー申請に驚き!インスタグラムって凄い

するとある日、その中の一人からお礼のコメントと共にフォローの申請をしてもらえたのです。

あくまで好きなバンドのメンバーではなく、好きなバンドの知り合いだし、営業もかねてという意味だとは思うのですが、それでもなんとなく近づけた感じがしてとても嬉しくてワクワクしました。

その後、相互フォローのミュージシャンの投稿にコメントすると、ちゃんと返信をしてくれました。繋がりを大事にしている人だなと思いまた嬉しくなりました。

もしかしたら、こういった繋がりを増やしたり今後も積極的にバンドと繋がっている人のインスタグラムにいいねやコメントをしていく事で、好きなバンドのメンバーとも相互フォローになれるのではないかという期待も少し高まりました。

今ではインスタグラムで憧れの人と繋がれる楽しさを満喫しています

もともとはバンドのメンバーのインスタグラムにいいねやコメントをすることだけが目的でしたが、欲が出て来たので今後は好きなバンドのメンバーと相互フォローになれるように楽しみながら続けていきたいと思います。

  • 次のインスタグラム失敗談

母のインスタグラム。ストーカーからインフルエンサーへの道がヤバイ

タイトルとURLをコピーしました